マタニティフォトはママと赤ちゃんの想い出になる❘妊娠中の記念

子どもの成長を残す

女の子

記念写真は当時の思い出がよみがえりやすいので、多くの家庭が撮影のプロが揃っているスタジオにて撮影を行なっているでしょう。特に、子どもの成長は親にとってとても喜ばしいものです。三歳と五歳、七歳になるとお祝いする七五三は、その歳を迎えるまでに成長できたことを喜ぶものとされています。以前までの日本は、幼い内に命を落とす子どもが多かったので、年齢を重ねられる喜びを家族や親族で共有し合っていたのです。その習慣は今でも残っており、七五三写真を撮影してからお宮参りすることが主流となってきています。

七五三写真を撮影するスタジオでは、七五三シーズンとなる11月が近くなるとお得なキャンペーンを売り出します。七五三写真の撮影やお宮参りに行く際に着用する着物は、スタジオに多数備えられているでしょう。我が子にピッタリの一着を見つける為には、早めに写真撮影予約を押さえておいて衣装も選びましょう。いろんな姿の我が子を撮りたいという親の要望に応えて、和装に限らず、スタジオの撮影時にはドレスやタキシードなど洋装を楽しめるプランもあります。最大でも3~6ショット残せるので、見応えのあるアルバムが仕上がるでしょう。

七五三写真の撮影はお宮参り当日でも可能ですが、当日スムーズに神社へ向かうなら前撮りをしておくといいでしょう。スケジュールに余裕を持てる上に、撮影料金が通常よりもお得になるメリットがあります。七五三シーズンは地域によって多少の差があるものの、ほとんどの地域で11月あたりを目処に行なわれています。お宮参りと撮影を同日にすると、スタジオ内は利用者で溢れかえるでしょう。そうしたてんやわんやの状態を回避する為に、お得な前撮りサービスが誕生したのです。利用者にとっても大きなメリットだと言えるでしょう。